MENU
このサイトは記事内に広告を含みます広告や表現について

レインボーアイスを作ろう♪旬の果物・英語の知育にも【STEAM教育】

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、サイト運営者のきりんです。

今回は、「レインボーアイスキャンデー」を子ども達と一緒に作ってみました♪

この記事は、おうち時間で何か知育やSTEAM教育が出来ないかと考えている方向けです。

もちろん、美味しいアイスを作りたい方も◎

このレインボーアイスキャンデーはYOUTUBEでよく見ていたCoComelonの「The Colors Song(with popsicle)」の歌を元に、少しアレンジしたものです。

子どもって本当にレインボーが好きですよね。

虹のイラスト

このアイスキャンデーを作ることにより、結果的に子どもたちの「旬の果物」や「英語」の学びにもなりました!

そして、最後は自然で美味しいアイスキャンデーが食べられる!

最高ですね♪

是非一緒に作ってみましょう!

目次

rainbow popsiclesの歌って何?

YOUTUBE、cocomelonの動画の写真
引用:YouTube/CoComelon Nursery Rhymes&Kids Songs

こちらの歌です♪

The color song(with popsicles)の歌詞の一部

It’s time for rainbow popsicles, yummy, yummy,colorful popsicles〜♪

(美味しいレインボーアイスを作る時間だよ♪)

It’s time for rainbow popsicles what color do we need?

(レインボーアイスには何色がいる?)

RED!

(赤!)

We need to find a fruit that is RED♪

(赤いフルーツを見つけよう♪)

Look! Some Strawberries!

(ほら!いちご!)

※日本語訳:きりん

この流れで紫まで続きます。

同じフレーズばかりなので、思わず口ずさんでしまいます♪

popsicle=棒付きのアイスキャンデーのこと

この歌の中では、何のフルーツでレインボーカラーを作るか子ども達自身が考えていました。

実際に歌の中で使われたフルーツがこちら⇩

  • red→strawberry(いちご)
  • orange→orange(オレンジ)
  • yellow→pineapple(パイナップル)
  • green→kiwi(キウイ)
  • blue→blueberry(ブルーベリー)
  • purple→grape(ブドウ)

子ども達も私も大好きなこの曲。

実践してみることにしました!

cocomelonは子ども向けに英語の曲を集めたチャンネルで他にも楽しい曲がたくさん!

季節のフルーツで作るレインボーアイス

実際にスーパーで買える旬のフルーツを考えてみる

cocomelonの歌では、赤はいちごで作っていましたが、夏の時期にはいちごはスーパーではほとんど見かけませんよね

そこで、6歳の上の子に声かけをしてみました。

きりん

夏の時期にスーパーで見かける果物を考えてみて

赤は・・・・・スイカ!

きりん

他の色はどうする?

ブドウは紫だけど・・・皮を剥いたら緑だよね?

こんな感じで6歳なりに図鑑をみたりと色々と考えていました。

その結果⇩

おうちでSTEAM教育〜フルーツでレインボーアイス(rainbow popsicle)を作ってみた
6歳が考えた材料

最終的にブドウジュースなら確実に紫色が出ると考えたようです。笑

材料

おうちでSTEAM教育〜フルーツでレインボーアイス(rainbow popsicle)を作ってみた

〜材料〜

  • レインボーアイスに必要な果物
  • ミキサーorブレンダー
  • アイスキャンデーの型

ミキサーやブレンダーがなければ、みじん切りや手絞りでも可能

私たちが実際に使った量はスイカ(写真の)1/3、オレンジ1/2、パイナップル1/8、キウイ1個、ブルーベリー(写真の)1/3、ブドウジュース50ml程度。

ちなみに、私たちの型はダイソーのディズニーの型(1本約70ml)で、同時に3本作れるものでした。

最近は100円で可愛い型が買えますね♪

おうちでSTEAM教育〜フルーツでレインボーアイス(rainbow popsicle)を作ってみた

そして、費用は3本分で493円でした!

きりん

意外とフルーツのアイスを買うよりは安いかも!

もう少し、費用を抑えたり手軽にするのであれば、缶詰などでも代用できそうです。

作り方

作り方はひたすらミキサーorブレンダーでジュース状にする⇨冷凍庫で凍らせるを繰り返すだけです!笑

我が家は最初のスイカから最後のブドウジュースを固めるまで約3時間かかりました。

30分程度経つと表面が固まったので、次の材料を足していきました♪

念の為、実食は次の日にしました。

おうちでSTEAM教育〜フルーツでレインボーアイス(rainbow popsicle)を作ってみた
全ての材料を入れました

余裕があれば、果物を切った断面を観察してみても◎

完成!お味は・・・?

おうちでSTEAM教育〜フルーツでレインボーアイス(rainbow popsicle)を作ってみた

とっても美味しいです!!

味はそのままのフルーツなのですが、水分が多いのでシャーベット状でシャリシャリします♪

そして、味(色)が変わるところも相まっていい感じ◉

我が子は「どのフルーツが一番舌に色がつくかな?」と、最後まで実験をしていました。

他のバリエーション

・桃やメロンなど他のフルーツで作ってみる

・敢えてフルーツを混ぜてみる

・製氷機で作る

・凍らせる時間を短く(長く)する

筆者が考えるレインボーアイスキャンデーのSTEAM

STEAMで言えば、このレインボーアイスキャンデーは「S(Science・科学)」と「A(Art・アート)」に該当します。

S・・・水分(フルーツ)が凍る、水分は凍った後に体積が大きくなる、それを観察する

A・・・レインボーを作る、アイスキャンデーを創る、英語の歌を元に作ってみる

ちなみに、最近ではArt(アート)の定義はデザインの意味だけでなく、自由に考えるという意味での文学や音楽、歴史なども含みます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これから暑さが増す季節。

STEAM教育や知育の一環として、レインボーアイスキャンデーを作ってみてはいかがでしょうか?

ついでにCoComelonの「The color song(with popsicles)」を歌いながら作るとワクワクすること間違いなしです♪

最近、STEAM教育にすっかりハマっている我が家。

元々、子ども達は実験が好きでしたが、こちらの本がきっかけでさらに好きになりました!

私も、「大人は対等な遊び相手」という考え方を知り、さらに興味が湧いてきました。

とってもおすすめです☆

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次