MENU
このサイトは広告を含みます広告や情報について

口コミ!レオマの森のレイクサイドコテージに子連れで宿泊〜雨の日の注意点も紹介

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。

ただ、レオマで遊んだ1日はあいにくの雨‥‥。

「ホテルは雨でも関係ない」と、考えていましたが、コテージの宿泊は天候が大いに関係がありました‥‥。

宿泊したコテージにはシャワーしかなく、大浴場や食事処がある本館までは傘をさして移動‥。

雨の日とコテージは少し相性が悪いですが、大勢が宿泊している本館とは距離があるので静かな家族の時間を過ごすことはできます。

この記事では、レオマの森に雨の日にコテージに泊まる際の注意点を中心に記載しています。しっかり対策をして楽しい旅行にしましょ〜♪

\トラベルサイトで詳しく見る/

ジャンプできる目次

ホテルレオマの森のレイクサイドコテージ

のレイクサイドコテージは本館とは離れた場所にあります。

レイクサイドコテージの種類

レイクサイドコテージには3種類あります。全てアップグレードです。

ただし、この中でシモンズのベッドは和洋室タイプのみ。

  1. 和洋室タイプ
  2. 和室タイプA
  3. 和室タイプB

その他、通常のコテージでファミリールーム(和室タイプ)もあります。

レイクサイドコテージ 和室タイプAとBの違いは?

和室タイプAとBの違いは定員や広さにあるようです。

  • 和室タイプA(定員7名/45㎡)
  • 和室タイプB(定員5名/40㎡)

宿泊する人数などで分かれますね。

レイクサイドコテージ<和洋室>の宿泊記

きりん

私たちはコテージの和洋室に宿泊しました!

コテージは、本館(2階)と橋で繋がってはいるのですが、屋根がない・・・!

本館でチェックイン後、傘を差しながら自分達でせっせと荷物を部屋まで運びました。

雨の日のレオマの森のコテージ
チェックイン後、雨に中コテージへ向かっています

おまけに私たちのお部屋は3階で、階段のみ。3階は最上階なのでもちろん階段に屋根はありません‥‥。

雨の日のレオマの森のコテージ

ふぅ‥‥、お部屋に着いた〜!

きりん

雨の中、階段で子どもが滑らないかヒヤヒヤしちゃった〜。

ただし、大浴場と食事処は本館にあるので、また傘をさしての移動が必須です。

雨の日のレオマの森のコテージ

傘は橋の両サイド(本館側とコテージ側)に設置してくれていました。

レイクサイドコテージの和洋室のお部屋

レオマの森のコテージ
出典:公式サイト

お部屋の写真をうっかり撮り忘れてしまったので、公式サイトよりお借りしました。

宿泊したお部屋はこのように、洋室と和室からなる広めのお部屋でした。ベッドはシモンズ製。

きりん

この画像ほどは広くないように感じたよ‥‥。

レイクサイドコテージのアメニティ

  • ドライヤー
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ハンドソープ
  • 浴衣(本館浴衣コーナー)
  • 冷蔵庫(中身なし、持ち込み可能)
  • セーフティーBOX
  • テレビ
  • コーヒーマシン
  • ウォーターサーバー
  • 電気ポット
  • お茶
  • 化粧水
  • 乳液
  • クレンジング

浴衣は本館の浴衣コーナー(子ども用含む)に設置されています。

お部屋の入口には、ウォーターサーバーが設置されていました。

レオマの森のアメニティ
玄関横に設置
きりん

ミネラルウォーターが飲み放題って嬉しい!

ウォーターサーバーの横には家族みんなが履ける草履もありましたが、雨の日はどうでしょう〜?

雨の日のレオマの森のコテージ

レイクサイドコテージのお風呂

続いては、お風呂。浴室にはシャワーのみ。

そのため、浴槽に浸かりたい場合は本館の大浴場に行かなくてはなりません。

レオマの森のコテージのシャワー
室内シャワー
レオマの森のアメニティ
基礎化粧品

せっかくなので大浴場に入りましたが、途中で忘れ物に気づき雨の中を本館とお部屋を行ったり来たり‥。

入浴後はバスタオルを家族分抱えてコテージまでの橋を歩いたり。

せっかくお風呂に入っても、雨の中の移動では足元は濡れてしまいました‥。

きりん

雨の日とコテージは相性が悪い‥‥。せめて本館と繋がっている橋に屋根をつけて欲しいな。

子ども用アメニティも本館のフロント横の「キッズステーション」に設置。ベビーバスやベビーソープが必要な方はフロントへ。

\他のお部屋もサイトで見てみる/

ホテルレオマの森の大浴場(本館)

レオマの森の浴衣
本館受付の横には沢山の浴衣!奥に見えるのは屋内プール。

お風呂関係は、さすが大江戸温泉というものでした。カラフルな浴衣を選び、大浴場に向かいます。

浴衣は85cm〜140cm。2歳半の子どもも着られました

本館にある大浴場は内風呂3ヶ所、露天風呂が4ヶ所。

露天風呂はとても広くて開放的。

きりん

天然温泉だから癒されるし、薬草湯という変わったお風呂も良かったな。

ホテルレオマの森の食事(本館)

夕食、朝食共に本館でバイキングです。

バイキング会場は広く、食事の種類もたくさんありました!

子ども連れや赤ちゃんに嬉しいポイントもたくさん!

先ほどまでの、ガラガラだった遊園地とはうって変わって、こちらのバイキング会場は混み合っていました。

小さな子どもを連れた家族、ご高齢の方のグループ、女子大生らしき若いグループ。

子ども用の食器、ベビーフード必要な場合は声掛けを。離乳食の持参も可能。

きりん

数えきれないくらいの種類の食事に、ドリンクバーやソフトクリームバーがあったよ。子どもたちは大喜び!

ホテルレオマの森のプール

プールは屋内、屋外にありました。

屋外プール

屋外のプールは夏季限定営業です。

レオマの屋外プール
屋外プールは夏期限定

屋内プール

ホテルレオマの森の屋内プールは全天候型。寒い時や雨の日でも楽しめます。

レオマの森の屋内プール
温水プール 出典:公式サイト
きりん

ナイトプールもされており、とても幻想的でした!色付きプールは子どもが喜びそう。

ただし、毎日開催されているわけではなく基本的には週末の営業です(お正月、春休みを除く)。

営業日基本的に土日祝 ※公式サイトのカレンダー参照
営業時間11:30~21:00
レンタル用品レンタル浮輪/料金500円(税込)
2023年10月時点
  • 利用者が多い場合は人数制限あり
  • 乳幼児は水着用おむつ着用

屋内プールはフロントロビー周辺から観覧できます。寒い日は遊園地でなく水着持参で温水プールで遊ぶのも楽しそう

ホテルレオマの森のイルミネーション

雨の日のレオマの森のコテージ
本館2階からの景色

今回はあいにくの雨だったので、見に行きませんでしたが夕食会場からも少しだけ見えました。

レオマワールド内には西日本初のプロジェクションマッピングもあり必見。

雨の日のレオマの森のコテージ
夕食後も雨の中、橋を渡ってコテージへ

【まとめ】ホテルレオマの森のコテージ

レオマの森のコテージは雨の日は傘を差しながらの移動も多く、正直子連れには大変でしたが、それでも本館とは離れた静けさがあり、家族団欒を楽しむことができました。

食事の種類の多さや温泉へのこだわりは、さすが大江戸温泉グループだと思わせてくれるところであり、子どもたちも楽しめました。

雨の日は特に帯や浴衣、歯ブラシの所在は事前にチェックしておく事をおすすめします!

それでは、旅行が楽しいものになるよう願っています。最後までお読みくださり、ありがとうございました!

\トラベルサイトで空室や値段を見る/

↓高松で泊まってよかったホテルはこちら↓

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次