MENU
このサイトは広告を含みます広告や情報について

小豆島の子連れ観光は「お猿の国」がおすすめ〜餌やりや観察で猿たちとの触れ合いを楽しむ<体験記>

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。
困った人

小豆島って初めて行くんだけど、子どもとどこに観光へ行けば良いんだろ?

きりん

それなら、お猿の国がおすすめ!
何度行っても満足して帰ってるよ!

小豆島には、沢山の観光スポットがありますが、子どもウケには絶対ここ!!

我が家は小豆島に行く度に立ち寄っています。

この記事では、お猿の国の魅力をたっぷりレポートしていきます!

小豆島の観光はお猿の国がおすすめな理由
  • 子どもはやっぱり動物が好き
  • 猿に直接手渡しで餌付けできる
  • 野生に近い猿の習性が観察できる
  • 猿の赤ちゃんはとにかく可愛い
  • 入場料も安く、サクッと行ける

我が子の年齢は3歳と6歳

それでは、いってみましょ〜♪

スポンサーリンク

ジャンプできる目次

小豆島銚子渓 自然動物園お猿の国

住所761-4151 香川県小豆郡土庄町肥土山字蛙子3387-10
電話番号0879-62-0768

営業時間・休園日

営業時間8時20分~17時(最終入園16時30分まで)
休園日毎週水曜日
 

アクセス

山の中にあるので、車が便利です。

最も近い土庄港・池田港からのアクセスは車で約20分。

公式サイトにもこのように記載されていました。

銚子渓・お猿の国までの小豆島オリーブバスの運行はありませんので、自動車・バイク・観光ツアーでのご来園をオススメします。

引用:公式サイト

駐車場(銚子茶屋/土産店)

無料駐車場(50台)有り。

お猿の国の入り口と道路を挟んだ反対側に銚子茶屋(土産店)があります。

こちらに駐車可能。トイレも借りられます!

お猿の国にはトイレがないので先に済ませておきましょう!

駐車した時点で、定員さんに案内されます。

入場料

区分入場料
大人(中学生以上)450円
小人(4歳〜小学生)250円

団体(30人以上)の場合は団体料金があります。

\ 団体料金は公式サイトへ /

入場料の割引(2024年1月現在)

電子チケット、アソビューで購入すると大人の入場料が420円になります。

\電子チケットはこちら/

所要時間

30分〜1時間

軽く餌やりだけをするならば、1時間も必要ないけれど、展望台まで行けばさらにかかります。

展望台までの道のりは、登山です。

私はまだ行ったことがありません‥‥。

できること

  • 猿の餌やり
  • 猿の習性観察

※モンキーショーは、しばらく中止されています。

お猿の国で気を付けること

  • 小猿には近寄らない
  • 猿に触らない
  • ビニール袋を見せない
  • 餌を与えない

いざ、お猿の国へ!!【体験記】

入園から餌やり場

入園してからしばらく坂道を歩きます。緩やかなので子どもでも歩きやすいです。

1〜2分歩くと、次第にチラホラとお猿さん達が見えてきます。

その先にあるのがこちら、餌やり場。

【小豆島】お猿の国

ご覧の通り、餌やり場の近くにはほぼ野生の猿がたくさん!!!

なかなか見ることのできない光景に、少しギョッとしますよね。笑

我が家の子どもたちも、猿が近くにくると怖がっていました‥‥。

でも、安心してください!

餌やり場の前には竹刀を持った係員がおり、猿も係員にはびびっているのでむやみに人に襲ってきません!

【小豆島】お猿の国

餌やり体験①

こちらの餌やりは、小屋の中の猿に餌をあげるのではなく、人間が小屋に入るという逆バージョンです!!!

(斬新!笑)

【小豆島】お猿の国

餌やりは、1回100円。3種類の餌から選択可能。

私達はパンを選びました。

(少しでも長いものを‥‥)

こんな感じに手を出してくる猿に餌を手渡しします。

手渡しですよ。

【小豆島】お猿の国

なかなか、猿に手渡しできる機会はありません。

そして、こちらの餌やりにありました、ドラマが。

猿は群れを作りますよね。

もちろん、その群れにはボスザルがいるわけです。

トップはボスザル。

可愛いからと言って、赤ちゃんを連れたママ猿に餌をあげると、ボスザルは

キィーーーーー!!!!!

と、金網を揺らして起こります。

逃げる親子猿。

恐怖で恐れる我が子達‥‥笑!

ここで、係員さんからポイントが。

ボスザルに餌をあげながら、その間に赤ちゃんに餌をあげてください

(なるほど。)

我が家の連携プレーの開始です。

大人がボスザルに餌をあげ、子ども達が赤ちゃんに餌をあげる作戦にしました。

【小豆島】お猿の国
手を伸ばす赤ちゃん猿たち♡可愛すぎる‥‥!

ちなみに、猿たちの手は人間のように柔らかく、優しいものでした。

爪で引っ掛かれるのでは‥‥という心配もしていましたが、全くそのようなことはありませんでした。

アットホームな施設の為、係の方から習性や群れのお話など沢山聞けます。

この餌やりだけでも、大人も子どもも感情の変化があり、大満足です。

  • ボス猿が叫ぶ→こわい
  • 赤ちゃん猿手を出してる→かわいい
  • 慣れてきた→たのしい

ちなみにボスザルも群れを率いているだけで、人間に悪さをすることはなく、餌も優しく受け取ってくれるのでご安心を!

こちらの餌やり場の向かいには、係員さん手作り?の遊具がありました。

【小豆島】お猿の国

時々、赤ちゃん猿が遊具で遊んでいるのが見られました!

(人間と同じで可愛かった‥‥♡)

餌やり場から次の餌やり場へ

さらに山を登っていきます。

【小豆島】お猿の国
おんぶの赤ちゃん猿

第二の餌やり場までは、少し坂を上のですが3歳の我が子でも歩けるくらいの緩やかな道です。

先ほどの第一の餌やり場〜第二の餌やり場までは、徒歩数分。

その間に、何故かクジャクが数匹いる子屋が。

孔雀のイラスト

さらに上ると、第二の餌やり場です。

餌やり体験②

こちらの餌やりは、バケツに入った豆を撒きます。

【小豆島】お猿の国

こちらの餌も1回100円。

【小豆島】お猿の国

手で撒いた豆に、猿達が寄って食べます。

こちらの餌やりは、手渡しではないので先ほどとまた違った光景が見られます!

豆を集中して巻くと猿団子のようになったり、ボスに気づかれぬようにコソッと豆を取る小猿がいたり。笑

ここの餌やり場でも、係員の方が竹刀で猿達をコントロールしてくれているから安心。

いたずらっこのお猿さんが、勝手に倉庫から豆を持っていこうとしてた〜!

こちらの係員さんはご高齢の方で、猿のことを沢山教えてくれました。

餌をあげた後は、展望台までの登山を勧められましたが、子どもが小さいのでそのまま下山。

【小豆島】お猿の国
第一の餌やり場を通って帰ります

お猿さん達、また来るね〜♪

まとめ:通常とは異なる餌やり体験もできる「お猿の国」は子連れ観光におすすめ

以上、小豆島にあるお猿の国の紹介レポートでした。

こちらの魅力はなんと言っても「猿に手渡しで餌があげられること」。

子どもはやっぱり動物が好きです。

野生に近い猿を、間近で習性が観察できたりする場所はなかなかないと思います。

入場料も安く、滞在時間も長くないので行きやすい観光地。

春には赤ちゃん猿が、冬には猿団子が見られるかもしせません。

ぜひ、訪れてみてくださいね♪

小豆島の旅行が楽しいものになるよう、願っています。

それでは、最後までお読みくださりありがとうございました!

\よければこちらもご覧ください!/

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
ジャンプできる目次